効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線の強い時間帯

一日の中でも、紫外線の強い時間帯があります。
日本においては、午前10時から午後2時の4時間が一番、紫外線が強い時間帯だと言われています。一番、日差しが強い時間帯とも言えますが、そのため、この時間に子供たちをプールに入れたりする家庭も多いようですね。幼稚園、保育園の水遊びも、この時間帯に集中していることも事実です。
となれば、いかに紫外線から子供たちを守るか、ということが必要となってきますね。子供たちにとって、暑い中での水遊びは、楽しみの一つでもあり、その楽しみを奪うことはストレスにもなります。では、どのようにして、紫外線対策を徹底すれば良いのでしょうか?
子供たちが水遊びをする時には、水面から上がって来た時に、必ずタオルやラッシュガードなどを用意し、直接日光に当たらないようにしましょう。また、日陰を作り、休憩している時には、日焼け止めを繰り返し塗ることも大切です。
一日を通して、なるべくこの10時から2時までの外出は控えたいものですが、どうしても外出しなければならない時には、暑くても必ず一枚上から長袖を羽織るとか、素肌にならないことをお勧めします。赤ちゃんを乗せたベビーカーには、必ず日よけ対策が必要ですし、赤ちゃんにも帽子をかぶせてあげましょう。
また、目に影響を与える紫外線は、逆に朝、夕方などの方が強いこともわかっています。この頃に外出する時には、必ずサングラスなどで紫外線から身を守る必要がありますね。

「紫外線対策の基礎知識」
01-01 紫外線とは
01-02 紫外線対策の必要性
01-03 紫外線の問題点
01-04 紫外線対策の時期
01-05 紫外線の強い時間帯

「紫外線対策を怠るとなりやすい病気」
02-01 紫外線による皮膚がんの恐怖
02-02 紫外線対策が守る肌
02-03 白内障
02-04 紫外線対策の効力
02-05 紫外線が原因とされる病気

「日焼けと紫外線対策」
03-01 紫外線対策で日焼けを防ぐ
03-02 紫外線対策の方法
03-03 日焼けの悪影響とは
03-04 日焼けサロンの存在
03-05 様々な紫外線対策

「いろいろな世代の紫外線対策」
04-01 赤ちゃんからの紫外線対策
04-02 子供たちの外遊び
04-03 日光浴と紫外線対策
04-04 お年寄りの紫外線対策
04-05 紫外線が体に与える影響

「紫外線対策を強化する日本」
05-01 日本での紫外線の研究
05-02 紫外線対策による現在の日本人の健康
05-03 他国の紫外線に関する考え方
05-04 海外旅行での紫外線対策
05-05 白人と日本人の肌の特徴

「紫外線対策の今後」
06-01 予想されるこれからの紫外線の変化
06-02 紫外線対策強化の理由
06-03 紫外線の恐怖
06-04 人間の体の変化
06-05 紫外線対策がなくなる日