効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線が体に与える影響

紫外線が体にどんな影響を与えるのか、あらゆる角度から考えてみましょう。赤ちゃんや幼児期などは、大人よりも薄い肌を持つため、特に紫外線の影響を受けやすく、しかも、それが数年、数十年たってからの肌にシミやしわをもたらすことがわかっています。これは、赤ちゃん時代の日光浴を推奨してきた日本人にとって、大きな衝撃的な発表であったため、多くの人々が驚き、そのすべてを受け入れることに時間がかかりましたが、昨今では、日光浴のあり方を考えられるようになりました。
様々な研究の結果から、紫外線が私たちの体の中で、少しずつ蓄積されていき、それが皮膚がんの原因となったり、白内障を発症させる一つの要因になっていることがわかってきました。
その他にも、人間本来の免疫力を低下させることもわかっており、紫外線対策を考える人が多くなってきました。
また、紫外線が真夏だけのものではなく、むしろ、初夏、梅雨時に多いことも知識として知られてきましたので、現在、ほとんどの人が紫外線の怖さを知る時代となりましたね。
皮膚、目などへの影響だけでなく、アレルギー体質を引き起こしたり、免疫力を低下させるなど、紫外線の有害性は想像以上だと言えるでしょう。
私たちが、太陽の下で生活をしている限り、徹底的に紫外線をカットすることは不可能ですが、帽子やサングラス、UVカット機能の衣類、アームカバーなどで日焼けから身を守ることは十分効果が期待できますので、いつも意識をすることが大切です。