効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

日光浴と紫外線対策

お日様に当たって、体を健康にする、と私たちが子供の頃には良く大人に言われたものでした。これは、決して間違ったことではなく、日光に当たらないと、人間の体に必要な、ビタミンDという栄養素が欠如すると言われています。
ビタミンDが欠如すると、骨粗しょう症などの原因となると考えられています。これは、ビタミンDがカルシウムやリンの代謝を高める働きがあるからです。ビタミンDが不足すると、その代謝が十分に行われなくなり、カルシウム不足となって、骨に影響が出てくるのです。
その反面、昨今では紫外線による体への害が多く検証されるようになりました。
それでは、実際にはどのように日光と付き合っていけばよいのでしょうか?
病院などに入院している患者さんを、看護師の方が時折、日光浴にと車いすなどで連れ出すことがありますが、紫外線の強い時間帯を避け、日陰を中心に、戸外へ出ることが多いそうです。また、風通しの良い場所で、短時間でお散歩をすることが良いとされています。外の空気に触れることで、精神的な安定も望めますし、現にうつ病の治療に、日光浴が推奨されているという研究結果も出ています。
このように、日光浴が適度に必要なことは理解されていますが、昨今では特に強い紫外線が発生していると伝えられています。そこで、戸外に出ることはあっても、日陰を利用するほか、帽子や衣類で紫外線対策をすることが一番良いと言われているのです。