効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

赤ちゃん乳幼児時期からの紫外線対策

赤ちゃんの肌は、柔らかく、常に潤っていて、健康そうに見えますが、実は、とてもデリケートなのです。赤ちゃんの肌は大人よりもかなり薄く、外からの刺激も受けやすいので、紫外線に対しても、実は大人以上に、対策が必要と言われています。
紫外線を浴びると、そのダメージは、少しずつではあっても、肌に影響を及ぼし続け、10年以上も後になってから、シミやしわの原因にもなると言われています。つまり、乳幼児からの紫外線対策がいかに大切なものかということが現代ではしっかりと発表されています。成人よりも、むしろ赤ちゃんの時期や、幼児の時期にどれだけ紫外線対策をおこなってきたかが、非常に重要なことなのです。
では、現在では、どのように赤ちゃんに紫外線対策が行われているのでしょうか?
日焼け止めなどの化粧品ですが、昨今では赤ちゃんの肌にも使える紫外線対策用の化粧品が多く出回っています。その中で、赤ちゃんの肌に合っているとされているのが、「紫外線散乱剤」と呼ばれるタイプで、これは、紫外線を跳ね返す効力を持っており、デリケートな肌の赤ちゃんには最適だと言われています。
「紫外線散乱剤」に対して、紫外線を受け入れてから、化学反応を起こすことで外に放出させる「紫外線吸収剤」というタイプがありますが、特に肌が敏感な赤ちゃんには不向きとされています。
どちらにしても、日焼け止めを使う際には、パッチテストを行うなどの注意が必要です。