効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線が原因とされる病気について

紫外線を浴びることで、人間の体は、大きく影響を受けています。
そのため、体の内外で、病気と判明されることがありますが、その多くが、皮膚と目に起こる病気です。直接、日光を受けてしまうからなのでしょう。
日光を浴びると、ほとんどの人が日焼けをします。これは、正確に言うと、やけどをした状態なので、決して良いわけはありません。皮膚が赤く腫れあがったり、水ぶくれができたりすることから始まり、日にちが立つと、色が黒く変色したり、それがのちになって、シミやそばかすへと変化します。
また、その人の体質によっては、全身性エリテマトーデスのように、日光アレルギーを起こし、紅斑ができるなどの症状が現れます。
また、日光角化症として、皮膚がカサカサになるなど、木になる兆候も出てくることがあります。そして、一番、心配される皮膚がんですが、紫外線の強い地域に住む欧米人に発症率が多く、悪性のものになると、死に至る場合も少なくないので、紫外線対策が強化されているのが現状です。
その他にも、白内障や、長時間、紫外線を浴びることで角膜炎を起こす雪眼炎や翼状片など、紫外線による目の病気も多く報告されています。
一般的なシミ、やそばかす、しわなどを含めると、紫外線は、人間の体に大きな悪影響を与えることが明らかになってきているのです。
日焼け止め化粧品や、帽子、サングラス、またUVカット衣料品など、多くのアイテムを有効に使う必要がありそうですね。