効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線対策の効力

日本人よりもいち早く、紫外線対策を行ってきた欧米人は、もちろん、その効果が大幅に認められてきています。
赤ちゃんは天気の良い日に、日光浴をさせるべきだと教えてきた日本の子育てと違って、欧米では、赤ちゃんの頃はむしろ、徹底的に日光、つまり紫外線から子供を守る、という子育てをしてきました。
小さな乳幼児の方が細胞分裂が盛んで、紫外線の影響を受けやすいからです。ですので、欧米ではビーチやプールサイドには必ず、日陰の場所を作り、子供たちをそこで遊ばせたりします。また幼少期から、サングラス、ラッシュガードなどは必ず持ち歩き、日々の生活の一部として、対策を強化しています。
そのため、欧米での皮膚がん、白内障などの発症率は少しずつ減少傾向にあると言われていますが、むしろ、情報共有が遅れていた日本では、ここ最近、急激に増加傾向にあるのです。
大人になってからの日焼け止めクリームや、帽子、サングラスなどの紫外線予防は少しずつできてきていますが、赤ちゃんや幼児などへの対応が遅れているという印象が強いですね。
赤ちゃんや幼児は、細胞分裂が活発なため、積極的に紫外線対策を取り入れるべきなのです。最近になって、やっと子供服メーカーや、子供雑貨関連のメーカーが紫外線対策グッズをいろいろと開発、販売をするようになったことで、日本での紫外線対策も本格的になってきました。今後の日本の紫外線の影響による病気の発症率もやっと減少していくでしょう。