効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線による皮膚がんの恐怖とは?

紫外線が恐れられている理由の一つに、皮膚がんを引き起こすと言われている現実があります。
オーストラリアでは、皮膚がんの発症率がとても高く、それらのことから紫外線と皮膚がんの関係が注目されるようになりました。
紫外線を浴びると、皮膚細胞の遺伝子が傷ついて、正常な細胞ができなくなった場合に、皮膚がんとなることが多くなると言われています。特に、子供は細胞分裂が盛んなため、子供の細胞が傷つくと、皮膚がんを引き起こす可能性が高くなると考えられています。このため、赤ちゃんの頃からの紫外線対策は必須だと言われるようになりました。
もともと、肌の色が白い欧米人の人たちには、メラニン色素が少ないため、メラニンを作り出す力も低いと言います。日光を浴びても肌が赤くなるだけで、そのあと、色が黒くなることはあまりないのです。
逆に黒人種はメラニン量が多いため、大量の紫外線を浴びても、皮膚がんに移行することは少ないと言われています。
黄色人種と言われる日本人は、その中間的な立場におり、白人ほどではないとはいえ、紫外線対策が必要と考えられているのです。
しかし、この紫外線対策にもまだまだ人によって、温度差があり、日光浴を推奨してきた日本の子育ての常識を、なかなか変革することは難しく、最近やっと、医学的な立場の人々から警鐘をならされるようになったという状況です。
今後は、赤ちゃん時代からの紫外線対策を強化していかなければなりません。