効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

紫外線の一番強い時間帯とは?

一日の中でも、紫外線の強い時間帯があります。
日本においては、午前10時から午後2時の4時間が一番、紫外線が強い時間帯だと言われています。一番、日差しが強い時間帯とも言えますが、そのため、この時間に子供たちをプールに入れたりする家庭も多いようですね。幼稚園、保育園の水遊びも、この時間帯に集中していることも事実です。
となれば、いかに紫外線から子供たちを守るか、ということが必要となってきますね。子供たちにとって、暑い中での水遊びは、楽しみの一つでもあり、その楽しみを奪うことはストレスにもなります。では、どのようにして、紫外線対策を徹底すれば良いのでしょうか?
子供たちが水遊びをする時には、水面から上がって来た時に、必ずタオルやラッシュガードなどを用意し、直接日光に当たらないようにしましょう。また、日陰を作り、休憩している時には、日焼け止めを繰り返し塗ることも大切です。
一日を通して、なるべくこの10時から2時までの外出は控えたいものですが、どうしても外出しなければならない時には、暑くても必ず一枚上から長袖を羽織るとか、素肌にならないことをお勧めします。赤ちゃんを乗せたベビーカーには、必ず日よけ対策が必要ですし、赤ちゃんにも帽子をかぶせてあげましょう。
また、目に影響を与える紫外線は、逆に朝、夕方などの方が強いこともわかっています。この頃に外出する時には、必ずサングラスなどで紫外線から身を守る必要がありますね。