効果のある紫外線UVケアについてご紹介

menu

紫外線対策UVケア.com

知っておかないと怖い?紫外線の問題点とは

紫外線が一番問題視されているのが、遺伝子DNAを傷つけるということです。紫外線によって傷つけられた遺伝子が細胞分裂をすることで、間違った遺伝子情報が届けられ、がん発症の原因となります。オーストラリアなどで皮膚がんが多く発症しているのは、そのためと考えられています。皮膚がんをおこすまでにも、シミやそばかすなど、皮膚に対する害は多く、かつては健康的と言われた日焼けした黒い肌も、メラニン色素を刺激して起こる現象なので、昨今ではあまり褒められたものではありません。
特に、幼い子供たちの肌は敏感であることや、細胞分裂が盛んなことから、強い紫外線を浴びることで、大人になってからもその影響が出ると言われています。
また、紫外線は、肌だけでなく、目にも大きな影響を与えることがわかっています。目に影響が出ると、白内障を引き起こすことがあり、失明に至るなど、大きな健康被害を引き起こすのです。
紫外線は、急激にその影響が出るものと、そうでものがあり、急激に影響が出るものは、いわゆる日焼けや熱中症です。この場合は、水分を補給するとか、体を冷やすことで、一時的には収まりますが、怖いのは、紫外線が蓄積していくことです。
紫外線の害が長い期間に渡り、蓄積していくことで、私たち人間の体は少しずつ、健康被害を受けているのです。
徐々に免疫力が落ちてきて、感染症になったり、皮膚がんを引き起こす原因となりかねません。紫外線は、このように様々な問題点を抱えているのです。