紫外線対策の必要性とは?

NO IMAGE

以前は夏になると、真っ黒に日焼けをした子供たちを見て、元気そうだと感じたことがあったのですが、数年前から、太陽の紫外線が肌や体に大きな害をもたらすことが公表されるようになり、それ以降は赤ちゃんや子供たちを日光にさらすことを避ける家庭が増えてきました。
子育ての中で、日光浴は母子手帳や育児書にも推進されるほどでしたが、その日光浴はむしろデメリットの方が多いと周知されるようになったのです。
紫外線は、肌に重要な害を及ぼし、DNAを傷つけたり、表皮の細胞を破壊する危険があり、皮膚がんの原因になることも報道されるようになりました。
特に子供たちは、細胞分裂が活発なため、大人よりもその害を受けやすく、太陽の光を多く浴びて育った子供たちが、大人になって、皮膚がんになる確率が高いことも発表されています。
また、皮膚がんの他にも、シミやそばかすなど、肌トラブルの原因になることもはっきりしていますし、白内障などの目の病気の原因になることも研究上、わかってきました。また、紫外線を浴びることで、本来の免疫力が低下し、あらゆる感染症になりやすいということも事実です。
このように、太陽の光による紫外線を浴びることは、私たちの体に大きな害を与えるとされており、現在はその紫外線対策に力を入れる傾向となりました。
そのため、昨今では紫外線対策に様々な業界が参入し、商品開発を試みています。化粧品から、衣料品、帽子、サングラスなど、紫外線が体内まで届かないようにその対策に必死になっているのです。