紫外線対策がなくなる日

NO IMAGE

今や、ほとんどの人々が、必須としている紫外線対策ですが、この紫外線対策が必要でなくなる日は来るのでしょうか?
数年後、数十年後にシミやそばかすなどになって現れる肌トラブルは、そのほとんどが紫外線を浴び続けた結果だと言われています。また、皮膚がんや白内障の発症にもかかわりがあると聞かされると、子供の頃から紫外線対策をしなければ、と思う方がほとんどですよね。
しかし、赤ちゃんの頃から日光を避けようと思うと、戸外での生活が困難になったり、一般的な生活にも影響が出てきます。帽子やサングラス、衣類などで紫外線を防いだとしても、完璧に紫外線をカットできているわけではありません。そうなると、一体どこまで、そして、一生こんな生活をしなければならないのかと、少し気が重くなることがあります。
もともと皮膚がんが多く発症し、紫外線の強さも日本とは比べ物にならないと言われている欧米では、昨今、日焼け止め用のサプリメントが多く摂取されるようになりました。サプリメントであれば、常に日焼け止め化粧品を塗りなおす手間もなく、日光を常に気にする必要もありません。そんな手軽さから、今、日焼け止め用のサプリメントが大流行しているのです。
紫外線がそれほど強くないと言われている日本では、このサプリメントはまだまだ知られていませんが、今後その存在は大きく報道され、取り上げる人々も多くなるでしょう。これからの紫外線対策は、大きく変化するはずです。