紫外線の恐怖

NO IMAGE

かつての日本では、現在のこれほどまでの紫外線に対する恐怖心はなかったのです。むしろ、「紫外線」という言葉すら、専門家しか知らず、一般の人々には縁の遠いい言葉ではなかったでしょうか?
もともと欧米では、皮膚がんの発症率が高いことから、日光と体への関係を研究されてきました。その結果、日光を浴びることで、体の中へ紫外線をため込み、その紫外線が体に有害な事実がいろいろとわかってきたのです。しかし、そのことが日本でも広く知られるようになったのは、まだ数年前のことで、この件に関しては、まだまだ日本は欧米に後れを取っていると言わざるを得ません。
数年前の日本では、むしろ推奨されていた日光浴などで浴びる紫外線が、少しずつ、しかし確実に体内に蓄積され、しわやシミ、そばかすの原因になったり、皮膚がん、白内障を引き起こす要因であることは、ここ数年前に初めて発表されるに至りました。
それからは、積極的な日光浴をする人はほとんどいなくなり、日焼け止め化粧品を使用したり、帽子や日傘を持つ人が増えてきました。今では、赤ちゃんからの紫外線対策も行われるようになり、ここ数年の間に激しく進歩したと思います。
また、日本よりも日差しの強い海外へ行く際には、特に注意が必要で、日本での生活以上に、紫外線対策に神経質にならなければなりません。
バカンスで海外に行ったからといっても、たった一週間でも浴びた紫外線は確実に体内に抱え込んでしまうからです。