紫外線対策強化の理由

NO IMAGE

かつての日本では、育児書などにも、お日様の下で、日光浴をさせ、元気な子供の育てるなどということが多く書かれていました。それが、昨今では、日光浴ではなく、外気浴と表現が変わっています。日光を浴びることで、紫外線を体の中に取り込み、それが大きな害になることが証明されるようになったからです。
日光を浴びることは、体内のビタミンDを作るというメリットもありますが、どちらかというと、現在はデメリットの方が多く知られています。
紫外線を浴び続けることで、数年後、数十年後にしわやシミ、そばかすの原因になったり、皮膚がんの危険性が高くなるなど、皮膚に対するダメージが良く知られていますが、実は、高齢者に多い白内障の要因ともされています。また、体全体の免疫力を低下させるなどの有害性を発表されたことで、人々の生活はかなり変わったと考えられます。
その事実を知らされたころの大人は、すでにもう子供の頃に紫外線を浴び続けてきたわけですから、一層、今からの紫外線対策を強化しようと思ったでしょう。また、自分の子供たちには、最初からしっかりとした紫外線対策をしなければと併せて考えたはずです。
その結果、現在では、あらゆるメーカーも研究を重ね、子供向けの日焼け止め化粧品が発売されたり、子供用のUV機能の衣類やサングラスが出回るようになりました。
また、日焼け止め用サプリメントなども発明され、日本での紫外線対策は今後まだまだ強化していくことでしょう。