海外旅行での紫外線対策

NO IMAGE

日本人が海外旅行に行く際に、まず考えなければならないのは、日本と海外では紫外線の強さが全く違うということです。そのことを考えると、日本での紫外線対策よりももっと完全な対策をしなければならないということになりますが、海外に行く際は、それまで使ってきた日焼け止め化粧品などを、日本から持っていくことがお勧めです。
何故なら、現地で売っている日焼け止め化粧品が必ずしも体に合うとは思えないからです。それならば、いつも使っている日焼け止め化粧品を持参した方が良いでしょう。また、その際に、通常使っている量よりも多めに持っていくべきですね。海外の紫外線対策として、日焼け止め化粧品を一日に何度も塗りなおす必要があるからです。
また、化粧品だけでなく、帽子やサングラス、UV機能を搭載した衣類などは必需品です。それほど、海外での日差しは強く、一週間ほどの滞在でも、その紫外線を浴びる可能性はかなり高いのです。
しかし、日本では一般的な日傘に関しては、海外ではあまり認識されていないので、ビーチなどでの日傘は控えた方が良いかもしれません。ベビーカーなどの日よけガードは、欧米でも見られますが、道行く人が日傘をさしていることはまずないからです。
また、海外では日焼け止めサプリメントなども注目されているので、それを購入してみることも一つの方法かもしれません。サプリメントであれば、一日に何度も日焼け止めを塗り替える手間も省かれますし、効率的なのではないでしょうか。