紫外線対策による現在の日本人の健康

NO IMAGE

日本人は、これまで、太陽の下、元気に走り回る子供たちが健康的だと信じてきました。しかし、紫外線の有害性をあらゆる形で知らされた今、ほとんどの人々が紫外線対策を始めるようになりました。
それは、自分たちだけでなく、小さな赤ちゃんや幼児期の子供たちのことも含め、その有効な紫外線対策を始める人々が多くなったのです。それもそのはず、赤ちゃんや幼児期の子供の方が、紫外線対策がより必要だと言われているからです。また、子供服メーカーや、子供用雑貨を扱う会社などもこぞって紫外線対策の研究を進め、様々な紫外線対策グッズが開発されました。
欧米などの紫外線が特に強い地方に比べると、日本では、皮膚がんの発症率も比較的低くなっています。しかし、一方で、白内障患者は、年々増えていると言っても過言ではありません。これは、欧米では、戸外に出る際に、サングラスをかける習慣があり、ほとんどの人がサングラスを着用しますが、日本ではまだまだ目へのケアまでは至っていないからと考えられています。実際にそれほど日差しがまぶしいと感じることがないからなのでしょうが、それほど日差しが強いと感じなくても、紫外線はもちろん存在しています。
ですので、帽子、衣類だけでなく、サングラスなど、目への紫外線対策も怠ってはなりません。
また、皮膚がんにはならなくても、しわやシミ、また肌の老化は紫外線による影響が考えられるので、日中から紫外線対策を忘れないようにしましょう。